マネジメント

モチベーションが必要な訳

おはようございます。
繁盛店研究所の専属コンサルタント
松尾やすよです。

昨日は銀座にある
新進気鋭のおすし屋さんへ
行ってきました。

「コスパ高」で
非常に評価の高いお店で
予約が取りにくいはずなのですが
偶然取れてしまいました。

評判通り種類も多く
一つの量も少なめで

そして握っている職人さんが
女性でした。

老舗や和食の大御所のお店って
本当に美味しいんですが

たくさん食べて満足してもらいたい
という思いからか
量が多くて辛い時も多々あり

新進気鋭の女性職人が握る
おすし屋さんの量は
私にはちょうどよかったです。

ということで
久しぶりに東京に行って
ドキドキした松尾が
今日もお届けします!!

昨日はおすし屋さんに行く前に
私が行っている会員制のグループへ向けての

動画セミナーの収録がありました。

昨日のテーマは
「スタッフのモチベーションアップ」
についてでした。

スタッフとミーティングをして
話をしたときは
「がんばります!!!!!」なーんて
言っていたスタッフが

いつもの感じに戻るのに
日数はかからないでしょう。

外部の要因で上がったモチベーションは
本当に簡単に下がりますし
前以下になることもあります。

何かを成し遂げるのに
モチベーションは必要なくて

成し遂げるために行うことを
決めて行動するだけで
目標達成する、、という意見もあるのですが

やはりお店などお客様とスタッフが
一緒の空間で過ごす飲食店では

現場で働く人のモチベーションは
お店に大きく影響してきます。

同じお料理を出しているお店でも
スタッフが生き生き働き
良いサービスを提供できているお店と

スタッフがやる気なく
決められたサービスでさえ
提供できてないお店。

あなただったら
どちらのお店に行きたいですか?

特に手作りのお料理を出していると
作ったスタッフの気持ち一つで
味まで変わってしまいます。

なのでお店は
全て人で変わる、、と言えます。

これが私が人、スタッフの育成に
力を入れている理由でもあります。

スタッフのモチベーションが高く
働きぶりが良ければ

顧客満足度も高くなり
売上利益にも直結してきます。

スタッフのモチベーションを上げること
それを維持して結果を出してもらうことは

飲食店の店長や経営者にとって
重要なお仕事の一つなんです。

あげたってすぐ下がるしねえ、、
と放置していませんか?

次回はこのモチベーションが
なんで下がってしまうのか?について
お話をしていこうかな、、と
思っています。

そしてこの動画セミナーを受けることができる
会員制グループのお知らせなども
近近にしていきますね。

2月中には、ページが出来上がる予定です。

今日は午前中から面接3件
午後はzoomが3件です。
今日はお昼ご飯食べれなそう、、、涙

それでは
今日もベストをつくしましょう~!
松尾やすよ