販売促進

★世の中は伝え方★

おはようございます。

繁盛店研究所専属コンサルタントの松尾恭代です。

前回は今年のあなたの目標に合わせた行動できていますか?というお話をしました。

かくいう私も目標の一つであるあなたのお役にたてる人になる!という目標のためにやっとこのメールを書き始めた次第です。。。

さて私は長くお店の経営をしていますが世の中は伝え方次第なんだと気づいたのはほんの数年前でした。

それまでは、美味しいものを提供しているはずなのにお客様が増えないのは美味しくないからだ、もっと美味しいものを作らなくては、、、とか

お客様がリピートしてくれないのは接客サービスが悪いからだ、もっといい接客してくれないかしら、、、とか

周りのお店を偵察したり、繁盛店に視察に行ったり

繁盛店と自分のお店の差を探して違いはないのになんでうちは繁盛しないのだろう??とかそんな無駄なことに時間と労力を使っていました。

挙げ句の果てには「客層が」とか「立地が」とか「時代が」とか外部要因を理由に努力することから逃げていました。そうでもしないと耐えられなかったからです。

あなたもお気づきとは思いますが、ダメダメ経営者の典型的パターンですね。

お恥ずかしい限りです。

ですが、今は違います☆


 

 

ミシュランで星がついたようなお店でも廃業する時代です。ミシュランの評価基準はサービスの項目がないそうです。美味しいだけでは続かないそんな時代です。

どんなに美味しい料理でも、その料理の背景だったりどんな風に提供されるのかなどでも味は変わりますよね。

また、それらをどのような言葉で伝えるか?によっても価値の感じ方が変わってきます。

そこで重要になってくるのが伝え方なんですね。

伝え方の3つの法則

1誰に

2何を

3どのように感じて欲しいのか?

を決めます。


例えば同じ内容の話を伝えるとしても、相手を驚かせたかったらどうやったら驚くかな?と考えてそれにあった方法をとりますよね。

それをPOPやチラシなどいろんな販促物に使うことです。

私たちは良い商品美味しいメニューは当たり前のその先の世界に行きましょう。


今日は簡単ですが伝え方大事だよねというお話をしました。

私はこのテーマ大好きです。

商品変えず材料変えず、表現を変えるだけなんでなんて経済的!資金が少なくても時間がなくても誰でも簡単に取り組めるからです。

あなたももうできているとは思いますが

今一度初心に帰って伝え方工夫していきましょう。

一緒にがんばりましょう!