利益アップ

★自転車操業を抜け出すには★

昨日は年度末でしたね。

支払いも

事前に済ませていますので

銀行にもいかず。

以前は全て窓口で行っていたので

月末とか年度末は

混んでいる銀行を

ハシゴしていました。

自転車操業だったので

月末は大変でしたー。

こっちのお金をこっちに移して

引き落としがいくらだから、、、

と計算しながら

足りるかな足りるかな??

と不安になりながら

過ごしていました。

あの頃は毎日が不安でした。

現場で疲れているのに

夜なかなか寝付けなかったり、、、。

崩壊寸前だったと思います。

「これはおかしい」

「これは怪しい」

騙されないように、引っかからないように

ひっそりと生きていこうと思ってました。

でもあまりにも

大変なことがいっぺんに起きすぎて

(泥棒とか色々)

それまでは

「どうして私ばっかりこんな目に合うの?」

と思っていたのに

「ここまで来たら、このあとはよくなるしかないな笑笑」

と笑けてきたのです。。。

そこまで来ないと

自分を変えることができなかった

頑固な私ですが

今は積極的に変わること、新しいことに

取り組めるようになりました。

ひっそりと生きていこうと誓ったのに

今はメルマガ書いたり、セミナーしたりしています。

あなたも、もし今の現状 納得いかなかったら

欲しい現実が目の前になかったら

それは自分を変えるチャンスです。

来週は新しい元号も発表されて

新たな時代の幕開けですね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は月末と言うことで

お店にお金を残すためにできることを

お話しします。

売上を上げても

手元の現金が残らないことって

ありませんか?

利益を増やすための

取り組みをしたとしても、、です。

そのような時は

実は商品在庫や原材料在庫が過剰だっり

無駄にたくさんの資産を抱えていて

その分の先払いが発生してしまい

利益や現金が減っていることも

考えられるのです、、、。

例えば

仕入れのロットが多すぎて

その材料を使い切るのに3ヶ月かかる、、、とか

そのようなことを防ぐためにも必要なことは

1、一回の仕入れの量を調整すること

2、月末に棚卸をして今ある在庫の金額を知ること

が必要になってきます。

1、一回の仕入れの量を調整する

その材料が一日どのくらいの量使用するのか?調べます。

使っているメニューの使用量と販売個数がわかれば

計算することができます。

それが次回いつ入荷するのか?を調べて

それまでに必要な数を注文します。

心配症の方や販売個数が日によって大きく変わるから

調整できないと言う方は

配達か買い物に行って調達するのを

1回忘れてもいい位の量を注文します。

「必要なもの以外仕入れない」

と言うスタンスでいます。

材料無くなって、メニューが売り切れになったら

どうする?と思いますか??

「人気商品のため品切れ」

をお客様にお伝えすればいいだけです。

そのメニューがお店の看板メニューや

収益メニューの場合以外はこれでOKです。

看板メニューを食べに来ていたとしたら

それがないのはがっかりに繋がるので

出来る限り、品切れしないようにします。

収益メニューは頼んでもらうと

お店の利益に大きく貢献するものだから

切らさないようにします。

2、月末に棚卸しをして今ある在庫の金額を知ること

面倒だから、と現状把握をしていないと

月商と同じくらいの在庫を抱えてしまう、、

と言うお店もあります。

そうなったら、利益どころか

現金が全く残らないと言うことになりますね。

これは業種にもよるので

一概にいくらが基準と言うのはないですが

私のお店では月商の10%程度

一週間で使い切る量と金額で

回してください、、、とお願いしています。

いつも少しオーバーしていますが、、、。

月末に棚卸しをするので

スタッフは月末は材料の注文を

極力抑えます。

そのほうが数えるのがラクだからです。

そして何が何個あった、、だけではなく

金額も計算して報告してもらいます。

そうすることで、責任者の自覚が

育っていきます。

今日は月末に手元の現金を残すために

1、一回の仕入れの量を調整すること

2、月末に棚卸をして今ある在庫の金額を知ること

に取り組むと良いと言うことを

知ることができました。

棚卸しは面倒と思いがちですが

月ごとの損益を正しく出すためにも

必要なことですので

ぜひ取り組んでみてください。

意外と多い、と驚くと思います。

関東地方では桜も咲いて、お花見日和です。

今日は車のメンテナンスにディーラーにきています。

スタットレスタイヤからノーマルタイヤに変更してもらっています。

愛車が夏仕様に変わる間、メールを書いてました!

この後、近くの桜並木にカメラを持って、お散歩に行ってきます。

一緒にがんばっていきましょう!

松尾恭代