目標設定

★問題解決するには?★

昨日は個人的に通っているセミナーがありました。

そこではそれぞれ参加者が成果発表を行う月があるのですが

昨日はまさにその日でした。

月に1回のセミナーがあり

インプットの月とアウトプットの月があるんですね。

セミナー形式で教えてもらう月と

授業を全て受講者全員で行う月があります。

そして、それぞれのアウトプットに対して

先生がフィードバックをしてくださるのですが

その前に他の受講者も

フィードバックをするのです。

自分の成果発表をすることも

とっても自分のためになりますが

他の人にフィードバックをするのも

とっても勉強になります。

昨日は来ている受講者さんが凄すぎで

ちょっと引いてしまいました。。。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日は問題解決についてのお話です。

あなたは今問題を抱えていますか?

ほどんどの人が「YES]と答えるでしょう。

売上のこと、スタッフのこと

家庭のこと、健康のことなどなど

何かをしようとか

成し遂げようとか思った時

必ず問題と言うものは出てくるものです。

その時必要となってくるのは

「現状を正確に把握する」

「問題の原因を考え抜く」

「効果的な打ち手を考える」

「実行し、考えたことがあっているか検証する」

ことが重要になってきます。

例えば

「売上が落ちてきた」

と言う問題があったとします。

じゃあ売上をあげなくちゃ

と思うのですが

そこで売上を〇〇万あげた

LINE@集客法とかいう本を

書店で見つけて

これをやれば売上が上がるんだな、、、

効果的な打ち手だ!とばかりに

とにかくやってみる。。。

書いてある通りにやってみたけど

なんで売上が上がらないんだ??

この本ダメだな、

この集客方法はウチには合っていない、と言うのです。

耳がイタイ人もいるかと思います。

まずは現状を正確に把握出来ていますか?

どんぶり勘定では正確に把握出来ません。

現状を客観的にも把握することも大事です。

主観だけだと、正確に把握出来ないことが多いですね。

問題の原因を考え抜くことで

何をしたら良いかが見えてきます。

原因も分解して突き詰めて考えることです。

「客数が減ってる」としたら

「新規客が少ない」のか「再来店率が低い」のか

「客単価が減っている」としたら

「一つの商品の価格」や「買上点数」が低くないのか?

たくさんの原因を考えて

一番大きな原因だと思うものに

はじめに対策をすることです。

その時に大事なのは

いきなり大きくやらないことです。

例えば

「新規客が少ないんだな」と思い

チラシをやる!と決めたとします。

まずはご近所さんにポスティングする程度の量を

やってみて

反応率や客数の増加を確認します。

これが一定の効果があるとわかれば

少し多めにやってもいいですし

効果がないのなら

次はチラシの内容やクーポンの内容

わかりやすさを変えてみて

配布エリアを変えるなど

また小さく試します。

こうやって原因を突き詰めていきます。

あとは上手くいったことを増やし

上手くいかなかったことは小さくするか

やり方を変えていきます。

改善には費用や時間もかかりますから

出来るだけ小さくやって

どんどん試してみることが

あなたのお店にとって

最適な方法が確率していくのです。

この方法は

お店の売上だけじゃなく

「ダイエット」とか

「子どもの成績」なんかでも

使えるので

小さなことで試してみてくださいね!

問題と思っていたことが

実は課題だったんだ、と

思えてきますよ。

今日は問題解決をしたいなら

「現状を正確に把握する」

「問題の原因を考え抜く」

「効果的な打ち手を考える」

「実行し、考えたことがあっているか検証する」

この観点を持って

行動することと良い、ということを

知ることができました。

一緒にがんばっていきましょう!

松尾恭代