未分類

★業界の常識はたいてい非常識★

昨日はこれから新しく取り組む事の

グループミーティングがありました。

コンサルタントやセラピスト、プロデューサーなど

フリーランスサーの集まりで数百人規模のメンバーがいます。

その中で今回6名集まったのですが、5名が女性!!

いつも、飲食店経営者の集まりや商工会の集まりなどに

女性を見つけては話しかけている私ですが

昨日は周りは女性だらけ!

ミーティング内容を録音してあとで聞き直したところ

まあ自由だし、みんな初対面なのに妙にリラックスしてました。

とてつもなくすごいものが生まれそうです。。。

私も頭をフル回転させて取り組んでいきます。

そこで話があったのは

「あなたの考え、その業界では常識ですか?」

という事なんです。

例えばお店で暇な時期があったとします。

どうしてもお店は季節変動で

必要とされる時期されない時期があるのは

当たり前なんでしょうか?

〇〇専門店と銘打って

その商品やメニューしかない場合は

その〇〇が季節性のあるものなら

そうでしょう。

ぶたまん専門店とか、ですね。

冬はいいけど真夏は食べたくありません。

それでも

その特徴を活かした

その時期に必要とされるものを

提供することは可能です。

うどん屋さんで

普段は太麺を提供しているが

夏には喉ごしの良い細麺にかわる、、というのも

その時期の需要に合わせていて

いいですよね。

私は以前

夏はダメだから

何もしない、、でいました。

正確には夏用の商品は作っていました。

冷やして美味しいパンとか。

でも集客できていないので

売れませんでした。

夏は売れないよね、、という

業界の常識があります。

夏にオープンするお店も少ないですし

業界カレンダーを見ても

食中毒に注意!

子供が家にいる夏休みはチャンスですが

真昼間は暑いので人が出ない

などと書いてあります。

自分の中でも

「夏にチラシ出しても集客できない」

と考えていました。

でもよく考えてみてください。

周りがやっていないということは

ある意味チャンスなのでは?

そう考え8月にチラシを出したのが5年前。

反応に心底びっくりしました。

ダメ元だったので。

いいお客様が増えたのです。

ブームではない時期に

来てくれるお客様は

あなたのお店や商品が

好きな人が多いです。

優良顧客になる可能性が高いです。

時期的に暇になるなら

周りや同業者が動きがなくなるこの時期は

かえってチャンスなのです。

業界団体に所属していたり

友人知人が多かったりすると

その業界の常識で凝り固まってしまっています。

何かやると

「何やってんの?」

「頭おかしいんじゃない?」

なんて言われてしまいます。

仲が良ければ良いほどハマってしまいます。

そこがほんとはチャンスなんですね!

ただし

予算をかけすぎないように

気をつけましょう。

今日は業界の常識は

たいてい都合よく作られたもの。

一度はそれを疑ってみたり

異業種の人に聞いてみる

外部の人に意見を聞くなど

視野を広く持って

思い込みの枠を外すということを

知ることができました。

今日も元気に

がんばっていきましょう!

松尾恭代