コミュニケーション

★選ばれる人★

昨日は母の日で実家の母に会いにいきました。

ランチを一緒に食べて

いろんなお店をみて回りながら

その場で欲しいものを探し

プレゼントしてきました。

 

今年は私とお揃いのサマーニット。

色違いです。

 

いつも落ち着いた色の服が多い母に

爽やかな水色のニットをすすめました。

 

私の両親は70歳を超えていますが

もともとしていた仕事を

日数はセーブしていますが続けています。

 

そして、一度は

「定年だからもういいですよ」と言われています。

ですが、少しすると

以前の仕事の依頼主から

「また、お願いできませんか?」と声がかかり

あなたじゃなきゃ出来ないという仕事をしています。

 

母は自宅で手作業の細かい仕事をしています。

辞めてる間、

替わりにパートさんを3名雇ったそうです。

でも、スピード、クオリティ、価格面で

全く太刀打ち出来なかったそうです。

 

父は販売員として店頭に立っています。

クレーム処理係としていろんなお客様の

自宅まで赴いたりもしています。

 

代わりに新人を育てようとしたそうです。

ですが、常連さんや優良顧客から

あの人がいないなら、この店に来ない

呼び戻してくれと要望が相次ぎ

日数を減らしてお店に出ています。

 

ホント、尊敬します。

そんな両親をみて育った私

 

私もあなたのお店だから来ているのよ

とたま~には言われますが

これからも2人の背中を見ながら

がんばっていきたいと思います。

 

あ、お店やってる人から見たら

一度手放した人をまたお願いして呼び戻す

かなり勇気がいりますね。

 

そしてみんながみんな

頼んだら戻ってきてくれる保証はないです。

 

この熟練の職人技をしっかり

細分化して、誰でも出来るようにすること

その人の在り方を言語化して

新しい人に伝えること

 

その上で

誰でも出来るように

システムを構築することが重要です。

 

いるうちに

なんであの人はうまくいってるのか?

インタビューしておきましょう。

 

それと同時に

在り方、仕事に対する考え方

重要です。

 

いくら技術を身につけても

知識を身につけても

人は

在り方

で行動が変わるからです。

 

本人やあなたは当然と思っていることも

新しい人は理解できないこともあります。

 

今日は

私たち経営者は

「あなただから」と言われるような仕事をして

選ばれる人やお店になっていこう。

 

スタッフの業務の属人化(その人じゃないとできない)

は極力減らし、

 

属人化しているものがあれば

細分化して、一つ一つ誰でも出来るように

仕組みを作ること

 

そしてその人やあなたの

在り方、仕事への考え方も

伝えるようにしよう

 

ということを知ることが出来ました。

 

多くのお店や会社で

これが出来ていないから

私の両親のように

呼び戻される人がいるのです。

 

以前お話しした「富の作り方」のうちの一つ

「部品化」ですね。

 

読んでいない方はこちら

https://mm.jcity.com/MM_PublicBackNo.cfm?UserID=senzoku&MagazineID=2&T=452

 

今日はこれから資料をまとめて

午後はコンサルティングで外出します。

 

暑いのか、涼しいのか

日によって違うので

服装に迷います、、、。

一緒にがんばっていきましょう!

松尾恭代