販売促進

販売個数が3倍に?

今日も朝から寒いですねー。
今年も残すところあと16日!

今年中に片付けなければいけないことは
残っていませんか?

私は自分の仕事部屋の片付けをしたくて
家具屋さんに行ってきました。

本棚とデスクを買おう!と採寸していきましたが
今から頼んでももう納入は来年なんだそうで

がっかり。

そうだよな~
オーダーになるもんな~。

その前にいらない書類を
いっぱい捨てることを先にしよう、、、
と考え直したのでした。

今朝起きたら嬉しいお知らせが来ていました。

先日伺った初訪問のお店の方からで、
あるメニューの名前を変えて
あることをしたら、販売個数が3倍になった!

というものです。

やはり、やれば変わりますね。

まだ、1日2日の結果なので反応が大きいですが
これ、1ヶ月続けて1.5倍とかになれば
すごいですね。

売りたいもの、利益が取れるものに
販売個数が集中すれば、現場作業も楽になり
お店全体の利益率が変わってきます。

とかく私たちは
メニューの種類を多くして
出来るだけたくさんのお客様に
気に入ってもらおうとしがちですが

今はお店がいたるところにあり
お客様はいくらでも選択肢があります。

だから、ある程度品数を絞って
専門店化していく方が

集客できるのです。

うなぎもあって
天ぷらもあって
蕎麦もあって
フグもあるお店と

フグ専門 というお店

フグを食べるならどちらのお店に行きたいですか?

食パン専門店が流行っていますよね。
それと一緒です。

メニューを絞ることは怖いです。

え?これしかないの?
と既存の常連さんに言われたりするかもしれません。

その分の売上がごっそりなくなってしまうかも
しれません。

ですが、その分の売上っていくらでしょう?
数千円の売上のために材料を用意したりして
そのメニューがあることで
毎月いくらの利益になっているのでしょうか?

得意ではないことをしていて
専門店に勝てるクオリティが出せるのでしょうか?

集客の一番基礎はお店の力です。

どんなに広告宣伝しても
残念ながらお料理や接客サービスが
ミスマッチだと

新規集客は出来ても
再来店率が少なくなってしまいます。

一度試して次はないな、、にならないためにも
ある程度、専門化して

「これを食べるんだったらココ」と
お客様の記憶に残るお店にしていきましょう。

ちなみにあることとは
「試食」でした。

それをやっているところは少ないので
手間がかかりますが、
やるとこれだけ変わるんですね、、、。

今日はこれからバーゲンに行きます。

年末に向けたクリスマスセールと聞くと
ワクワクしてしまいます。

どんな接客になるのか?
普段とどこが違うのか?
体感してきます。

それでは今日もベストを尽くしましょう!

松尾やすよ